バタフライのスピードアップ教材

こんばんは、水泳部員の佐藤です。さて、前回の記事では、バタフライの泳ぎ方ということで、偉くもないのに偉そうに泳法を語ってしまいました。どちらかというと、バタフライよりも自由形のほうが得意でして、バタフライのタイムは伸び悩んでいるのが現状です。それが水泳部員である佐藤の悩みなのです。自主練習に励んで努力をしていますが、効果的にタイムが伸びません。筋トレが足りないのか、泳ぎこみが足りないのかは不明です。水泳部の監督やコーチも役に立ちません。ましてや、ライバルにバタフライのコツを聞くなどということはできません。ここは自力でなんとかしないといけないと思っています。藁にもすがる思いで、バタフライのコツや練習法をネットで調べました。バタフライ・スピードアップ・プログラムというDVD教材があるではありませんか。もっと早くに知っていれば苦労はしなかったのにね。明治大学水泳部監督の佐野秀匡という競泳の指導者が教えるバタフライのスピードアップノウハウです。指導の実績がある人が教えるノウハウなので確かなものでしょう。なんといっても、明治大学の水泳部監督なのですから。推進力あるストロークを身につけたりできれば、自然とタイムはあがるでしょうね。この競泳教材のポイントとしては、ストロークのための上半身の強化、ドルフィンキックの強化、推進力を生む体幹の強化が3つの柱になるようです。スピードアップのための推進力を生むストロークとキック、ブレスのタイミングをとるための体幹強化トレーニングメニューですね。オリンピック強化選手のようなスイマー向けと思いきや、佐野秀匡のバタフライ スピードアップ プログラムは、僕のようなアマチュアスイマーでも実践可能なノウハウ教材みたいです。今夏中にバタフライスピードアッププログラムのDVDを購入して、タイムアップを図りたいところです。